大人ニキビができる原因のまとめ!思春期の時にできるニキビとの違い

大人になってからできるニキビの原因には様々な理由があります。大人になってからできるニキビと思春期の時にできるニキビの原因は全く違いますので、対処法もそれぞれ違います。大人になってからできるニキビの原因をまとめて紹介します。

fkgfjg

※参考記事

ニキビの種類別原因のまとめ!色にも注意

 

まずは大人ニキビができる原因を紹介します。

 

大人ニキビの原因とは!思春期ニキビとの違い

 

学生時代、思春期のニキビに悩まされた人は多いことでしょう。しかし、思春期を過ぎてもニキビが出来てしまう事は多くあります。例えば治りが遅く、繰り返しできてしまうニキビ。また、カサカサとしたニキビや、口周りにできるブツブツしたニキビなどです。それがご存知、大人ニキビです。

 

これらの原因はとてもさまざまです。女性によっては生理の時期にできやすいこともあります。引き起こされる原因は、思春期に悩まされるニキビとは状況が違います。一度できると治りにくい上に、跡が茶色く残ったりしてとても困ってしまいますし、化粧をする時にも邪魔になってしまいます。このとても厄介な大人のニキビが出来る原因は、どういったものでしょうか。そのメカニズムについて紹介しましょう。

 

思春期の肌と大人の肌は、やはり基本的には違っている物です。大きい特徴としては前者は油っぽいことが多いのに対して、後者は乾燥肌と言った物が多いと言うことです。これらの原因はと言うと、やはり加齢による原因に尽きます。大人ニキビは肌の代謝の悪さによって起こる物なのです。

 

主な理由としては、その代謝の悪さにより蓄積してしまう古い角質です。また、大人の肌の乾燥もそういった事が原因で起こってしまいます。しつこくなり治らない大人ニキビの原因を二言で言うと、「古い角質が毛穴をふさぐ」「乾燥によってその角質が硬くなってしまう」に尽きます。そうして毛穴がふさがる事で、治りにくい大人ニキビが出来てしまうのです。

 

 

続いて思春期にできるニキビの原因について紹介します。

 

djキャプチャ

 

思春期ニキビの原因は成長ホルモン

 

中学生や高校生、早い人では小学校高学年あたりからからポツポツと顔に発生するニキビですが、この時期のものは基本的に思春期ニキビと呼ばれ、この年代ならではの原因があります。思春期とは成長期ですから成長ホルモンの分泌、働きが活発になり、成長ホルモンの分泌による刺激で皮脂腺が皮脂の分泌を盛んにしてしまうのですが、それが原因となって皮脂腺の多いおでこや鼻といったTゾーンの皮脂が過剰となってしまい、排出が追いつかなくなってニキビができてしまうのです。

 

また古くなった角質等も栓の役目を果たしてしまいますから、結果として毛穴が詰まりやすくなってしまい、ニキビが多く発生してしまうのです。そして遺伝等の原因で体に皮脂腺が多い方の場合、Tゾーンだけでなく頬や顎、首筋や頭部など首から上全体に幅広く分布してしまう方もいます。

 

加えて思春期の方の場合、大人と違って本格的にUVケアを行っている方は少なく、部活等で日常的に紫外線を多く浴びている場合ではその刺激でニキビが悪化してしまう可能性が高く、顔中になかなか治らない、もしくは治っても炎症が色素沈着を起こしたりクレーター状の消えないニキビ跡だらけという深刻な状態になってしまいやすいのです。

 

青春時代の証、時期が過ぎればおさまる、と周囲の大人の無理解なアドバイスを盲目的に信じてしまうと一生苦しむようなニキビ跡に悩むことになりますから、思春期の方は正しい発生の原因を理解して対策を行って欲しいと思います。

 

 

大人ニキビと思春期ニキビの違いわかりましたか?

 

 

それでは大人ニキビのできる原因について詳しく紹介します。大人ニキビのできる原因は現在、主にこの12個の原因が考えられています。それぞれについて詳しく紹介していきますね。

 

 

大人ニキビができる原因のまとめ

 

 

毛穴

毛穴の汚れもニキビの原因となる

 

ニキビの原因は毛穴に詰まった汚れや皮脂に雑菌が繁殖することも考えられます。毛穴が詰まる原因にはストレスやホルモンバランス、睡眠不足などで皮脂が過剰分泌された場合、ファンデーションなどのメイクが毛穴に詰まった場合、紫外線や乾燥などで角質が固くなった場合があります。こうした様々な理由によって毛穴が詰まり、その汚れからアクネ菌が繁殖することでニキビになってしまいます。

 

ファンデーションなどのメイクはしっかり落とすことで予防することが出来ます。その際、クレンジング用のオイルやローションなどは自分の肌質にしっかりとあったものを使うことが大切です。クレンジング効果の高さだけでなく、自分の肌にも合うものであることも考える必要があります。メイクを落とした後の洗顔にもニキビケアとなるコツがあります。

 

蒸しタオルを使い、毛穴を広げることで毛穴の中に詰まった汚れを綺麗に洗顔で落とすことが出来ます。蒸しタオルには血行を良くする効果もあるので肌にとっては大変良いメリットです。洗顔をする際にはゴシゴシと力を込めて長時間洗うことが返ってニキビが悪化する原因となるので注意が必要です。

 

皮脂は過剰分泌でニキビの原因となりますが、もともとは肌のうるおいを守ってくれるバリアーのような存在です。過剰な洗顔で皮脂を落としてしまってはニキビに対して逆効果となります。皮脂を落としすぎない程度に、汚れはしっかり落とす洗顔をすることが大切です。優しく肌の上で泡を転がすように洗うのが良い洗顔方法です。

 

 

細菌

細菌が原因のニキビの特徴

 

ニキビの原因は生活習慣や食生活、ストレスが原因で起きる場合が多いですが、細菌が原因で起きる場合もあり風邪をひいている時やストレスで体の抵抗力が弱くなっている時に細菌に侵されニキビが発生します。

 

黄色ブドウ球菌が感染してニキビになる事が多く、顔以外にも背中や首などの場所にもできやすく、女性の場合はムダ毛を脱毛した際に毛根が傷ついて細菌が入り込みニキビが発生する事があり、デリケートゾーンの脱毛は肌が薄いためダメージを受けやすく細菌に侵されやすいためできやすく、悪化して大きくなったり痛みが出る事もあるため早めの対処が必要になります。

 

症状が小さく、赤みがある場合はまだ初期のためニキビ用の化粧品などでも治る場合がありますが、部位が大きく腫れている様な場合は抗生物質の軟膏を患部に塗ると効果が高く、抗生物質の軟膏はドラッグストアでも販売しているため買いやすく気づいた時に購入して早期に対処ができます。

 

すでに痛みが出ている状態や膿の様な物が患部から出ている場合は細菌が増殖しているため、できるだけ皮膚科を受診して抗生物質の軟膏と内服薬を処方してもらう必要があり、病院で処方される薬はドラッグストアで買える薬よりも効果が早く出て治りが早いため、症状が初期でも早く治したい場合は病院の受診をおすすめします。

 

ニキビ用の化粧品などは予防効果が高いため、脱毛した後や生活習慣や食生活が乱れていると感じた時は使用して症状が出ないように予防することが大事です。

 

 

遺伝

ニキビの原因として遺伝は考えられるのか?

 

ニキビが出来やすい家系というものは存在しますが、本当にニキビは遺伝するものなのでしょうか。

 

出来やすい肌質や体質というものは存在し、出来やすい原因要素として、毛穴が小さく角栓がつまりやすいこと、また代謝機能が低く肌のターンオーバーが活発でないこと、そして皮脂の分泌量が多いことなどが挙げられます。

 

確かに肌質や体質は遺伝するものであり、また毛穴の大きさもその一つです。したがってニキビができやすい条件というものは遺伝していることになりますが、ニキビ自体はそうではありません。遺伝病と呼ばれるものは性染色体異常であり先天性のもので治癒することは困難です。それに比べ、ニキビはケアや生活習慣を気を付けることで防ぐことも出来治療も可能です。よって厳密にいえば、これは遺伝ではないといえるでしょう。

 

出来やすい家系が存在する原因としては、肌質や体質、毛穴の大きさなどの遺伝によりニキビが出来やすい要素が揃っているということもありますが、同じ環境下での似たような生活習慣、例えば食生活や運動不足、睡眠不足などによるストレスなどが重なり角栓のつまりや肌のターンオーバーの乱れを起こし、皮脂の分泌を盛んにしてしてしまいそれらが、直接的な原因となっていることが多いのも事実です。

 

したがってこれはあくまでも、肌質や体質、毛穴の大きさなどの状態が受け継がれているものであって、出来やすい病気として受け継がれたものではなく、改善により完治が可能といえます。

 

 

睡眠不足

ニキビの原因となり得る睡眠不足

 

睡眠不足は肌に悪いです。人の肌というのは睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで新しく綺麗な肌に生まれ変わります。これをターンオーバーと言います。仕事や学業でどうしても徹夜で準備をしなければならない場合、遊びや飲み会などで帰宅時間が遅くなってしまった場合など、十分な時間睡眠時間が取れないとこのターンオーバーの周期が乱れてしまい、肌を綺麗に生まれ変わらせてくれる効力が弱まります。

 

その結果肌の調子が乱れニキビの原因となってきます。睡眠不足を解消するには長時間眠ればいいという訳ではありません。長時間の睡眠をとるというよりも、質の良い睡眠をとるということが大切となります。睡眠不足はニキビの原因となりますが、どうしても都合によっては睡眠時間の規則が乱れてくることもあります。そう言った場合は質の良い睡眠がとれるように意識することでニキビが出来る原因を軽減させることが出来ます。

 

質の良い睡眠とは深い睡眠をとることです。深い睡眠をとるためのポイントとしては、真っ暗で無音の部屋で寝ること、枕は自分にあった高さのものを選ぶこと、ストレッチや入浴などで体温を高めておくことなどが挙げられます。

 

寝る直前まで携帯やパソコンなどを見ることは深い睡眠を妨げる原因となるので注意が必要です。疲れて帰宅しても、少し頑張って就寝前の準備をしっかりと整えて深く眠るようにすることが大切です。肌トラブルの改善で日々のストレスを軽減させることにも繋がります。ニキビが中々治らない人は質の良い睡眠を心がけましょう。

 

 

乾燥

乾燥もニキビの原因になっている

 

乾燥がニキビの原因になっている場合は、洗顔の回数や方法に注意が必要です。洗顔料はあまり洗浄力が強くないものを選ぶようにして、すすぐときのお湯はぬるま湯を使うようにしましょう。またスキンケアは保湿を心掛けることも大切です。乾燥が改善されていくことで、自然とニキビができにくくなってくるでしょう。

 

皮脂を取り除くことで解消されるニキビだと思って、肌を過剰に洗浄してしまうことがあります。その過剰な洗浄によって、本来皮膚に必要な油分までも洗い流してしまってしまうと、肌が乾燥しやすくなってしまいます。肌が乾燥すると、皮膚の生まれ変わりのサイクルを狂わせてしまいます。これがニキビの原因となります。

 

ニキビができてしまう原因は色々あるのですが、思春期に多いタイプのものは皮脂の過剰分泌によって引き起こされます。これは毛穴に詰まった皮脂に菌が繁殖してしまい、炎症をおこしてしまったものです。ベタベタした肌が特徴で、肌を清潔にすることで状態が改善されるとされています。この情報を鵜呑みにしていて肌を乾燥させてニキビを作っている場合が多々あります。お肌の乾燥は注意してください。

 

 

皮脂

ニキビの原因には過剰な皮脂の分泌も関係している

 

皮脂が過剰に分泌されてしまう現象には幾つかの原因がありますが、その一つに男性ホルモンが過剰に分泌されることが原因として挙げられます。

 

人間は過剰なストレスに晒されると交感神経が優位になります。交感神経が優位になると、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。男性ホルモンが過剰に分泌されると、皮脂も過剰に分泌されます。皮脂が過剰に分泌されると、お肌の角質が硬くなってしまいます。

 

お肌の角質が硬くなると、毛穴に角栓が詰まってしまう原因となってしまう可能性が高くなります。毛穴に角栓が詰まってしまうと、皮脂が毛穴に溜まってしまいまい、皮脂が毛穴に溜まるとニキビになってしまいます。

 

そのため、男性ホルモンが過剰に分泌することはニキビが発生させてしまう原因となりますので、ニキビを予防するためには、ストレスによる男性ホルモンの過剰な分泌を抑える必要があります。

 

ニキビが中々治らない人はストレスを溜め込まないように生活習慣を見直す必要があります。また、睡眠を充分にとったり、パソコンやスマートフォンなどを使う時間を減らして眼精疲労を抑えたり、寒暖差が急激な環境で身体の負担をかけないようにすることも大切です。

 

そして、洗顔をするときには、強く顔のお肌を擦ってしまうと皮膚が刺激を受けて、かえって皮脂が過剰に分泌されてしまうので、優しく洗顔フォームの泡を触れさせるようにして、顔を洗ってください。食事も野菜中心の栄養バランスがとれたメニューを心がけましょう。

 

 

ホルモン

ホルモンバランスの崩れもニキビの原因となる

 

ホルモンバランスが崩れることもニキビの原因となります。女性ホルモンというのは大きくエストロゲンとプロゲステロンの2つに分かれています。エストロゲンは皮脂分泌を抑える役割をし、プロゲステロンは皮脂分泌を促します。この二つのバランスが保たれることで、美容ホルモンとされるほど美容にとっては強い味方となる働きをします。

 

しかし、反対にこのバランスが崩れることで、ニキビが生まれる原因となります。ニキビの原因の一つに皮脂の過剰分泌というのがあります。皮脂は肌にうるおいを保ってくれる肌にとってのバリアーのような働きをしています。しかし、過剰に分泌されてしまうことで毛穴を詰まらせる原因となります。

 

毛穴が詰まると、そこに入り込んだ汚れや皮脂が雑菌やアクネ菌を繁殖させニキビとなります。こうしたニキビ予防のためにもホルモンバランスを崩さないようにすることが大切です。しかし女性は生理中などでホルモンバランスがどうしても崩れてしまう場合があります。なるべくストレスを増やさないように、くつろいでリラックスできるような環境を整えられるようにしておくことが大切です。

 

食生活などの生活習慣も見直しましょう。また、日々のクレンジングや洗顔もニキビ予防やケアとなります。メイクはしっかりと落とす、洗顔は過剰にやりすぎないようにするなど気をつけるべきポイントを抑えてしっかりと気を付けておくことで落ち着いた気持ちで対処することが出来ます。

 

 

ストレス

ニキビの原因とストレスの関係

 

ニキビはとても辛い症状です。ストレスが原因で毛穴の中に皮脂が溜まると、ニキビができてしまいます。乾燥肌の方でも、毛穴から皮脂がきちんと分泌されなければできてしまいます。ニキビができる原因には、様々な要因が考えられます。ニキビとストレスの関係を紹介します。

ストレスからできるニキビは、顎やフェイスラインや口の周りにできることが多いです。ストレスを感じると、自律神経が乱れてしまうため男性ホルモンが増えてしまいます。過剰なストレスは、自律神経の正常な働きを阻害してしまうのです。

ストレスによる緊張状態が続いていると、睡眠障害が起こってしまいます。睡眠不足は肌荒れやニキビの原因になりますので、睡眠不足を解消することが大切です。精神状態が安定していないときは、生活習慣が乱れてしまいます。不摂生は活性酸素を発生させてしまいますので、お肌に悪影響を与えてしまいます。ストレスを上手に発散させてお肌を守りましょう。ニキビの原因にはストレスも深く関係しています。

 

 

洗顔

間違っ洗顔方法はニキビの原因に

 

ニキビの予防、ケアには洗顔は大きく効果があります。しかし、正しい方法でなければかえってニキビを悪化させる原因となるので注意が必要です。ニキビの元となるのは毛穴に詰まった皮脂や汚れです。これらが雑菌やアクネ菌を繁殖させることでニキビになります。

 

毛穴に汚れを詰まらせないことでニキビの予防となり、また毛穴の汚れを綺麗に落とすことが出来ればケアとなります。毛穴に詰まった汚れを綺麗に落とすためには蒸しタオルを顔にあてて毛穴を広げるという下準備をすることが大切です。

 

毛穴を広げることで毛穴の中に入り込んだ頑固な汚れを取り除きやすくすることになります。洗顔の前のクレンジングはしっかりとすることが必要です。落としきれなかったメイクは毛穴に詰まる原因となります。洗顔をする際は、ゴシゴシとこするように洗ってはいけません。汚れを落としたいからといってそのように強く洗っても毛穴の汚れは落とせません。過剰な洗顔は肌を傷めつけたり、皮膚の潤いを守るための大切な皮脂まで落としてしまい返ってニキビを悪化させる原因となります。

 

なるべくやさしく泡を肌の上で転がすようなイメージで洗うと効果的な洗顔となります。また、一日に何回も洗ったり長い時間をかけて洗うことも逆効果なので、一日の汚れは一日の最後に落とす程度にしましょう。何回も時間をかけて洗うより、正しい丁寧な洗顔をする方が肌にとって質の高い効果を得られることになります。ニキビが気になっている方には正しい洗顔方法をおすすめします。

 

 

化粧品

化粧品がニキビの原因となる仕組み

 

ニキビの原因となる大きな原因は「毛穴に詰まった皮脂や汚れなどから雑菌やアクネ菌が繁殖されること」です。では、毛穴に汚れや皮脂が詰まる原因とは何かというと、ホルモンバランスの崩れによる過剰な皮脂の分泌や、紫外線や乾燥などによる角質への負担や、落としきれていないファンデーションなどの化粧品も原因となります。

 

この中でも対処しやすいのは化粧品の問題です。化粧をしっかりと落とさないまま寝てしまったり、またそのうえにメイクを重ねてしまうことでどんどん毛穴に汚れが溜まっていき、黒ずみとなってしまったりニキビとなってしまいます。これらを解消するためにはクレンジングをしっかりとし化粧を綺麗に落とすということです。

 

ここでポイントとなるのはクレンジング効果の高さだけを意識して、自分の肌に合っているかどうかを軽視してしまうことです。クレンジング効果が高くメイクを綺麗に落とせても肌への負担がかかるとニキビの原因となり得るので意味がなくなってしまいます。クレンジング効果の高さも望めつつ、自分の肌にも合っているものを選ぶことが大切です。

 

化粧品を綺麗に落とした後の洗顔も大切です。ゴシゴシと力を入れて洗うと肌を傷めつけてしまうので、やさしく泡を立ててくるくると転がすように洗うのがコツとなります。また、洗顔の前には蒸しタオルを肌にあてて毛穴を広げておくのが良いです。毛穴に入り込んだ汚れを綺麗に落とすことが出来る上に、血行がよくなるといったメリットもあります。ニキビが気になる女性は化粧品にも注意してください。

 

 

アレルギー

ニキビの原因となるアレルギーに注目

 

今の時代、ニキビで悩む方も少なくないでしょう。ふつう、ニキビの原因には生活習慣がかかわってきます。毎日の食生活の偏りやストレスも多大な原因となることが知られています。最近では、ニキビの原因の中にアレルギー疾患が報告されており注目されています。

 

えっ?アレルギーからニキビになるの?そう考えるのも不思議ではありません。毎日の生活で洗顔など清潔に保つ習慣を維持しているのに、ニキビがでてしまうといったこともあるはずです。アレルギーの中でも食物性のものが関連してきます。食べてすぐに反応がでる即効性のものや食べてから遅れて反応がでる遅延型のものもあることが知られています。すぐに改善しないニキビであれば、遅延型のアレルギーが関係しているのかもしれません。

 

遅延型で見られる症状には、頭痛やめまい、うつなどの精神的なものや便秘、下痢などの腹部症状、肌荒れをはじめとする皮膚症状が報告されています。致命的な症状とはいえませんが、継続的な症状が特徴となります。遅延型のものは、食べてから数時間や数日たってから症状がでるため、何が原因であったのかがわかりにくいのが難しいポイントとなります。実は好きでよく食べていたものが意外とアレルゲンであった可能性があるからです。原因がわからなくて困っておられる方に遅延型のアレルゲン検査をおすすめします。

 

今の時代で、このような遅延型のアレルゲンを検査している医療機関も多くはありませんが、ニキビでお困りの方には検討されることをおすすめします。

 

 

ターンオーバー

ターンオーバーの乱れもニキビの原因に

 

きれいな肌の条件はターンオーバーが正常に行われていること。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことで、新しく生まれた細胞が成長し、角質層でバリア機能を果たしたあとに不要となり剥がれ落ちていくまでのサイクルのことです。このサイクルが遅いと古い角質が肌表面に留まるので、化粧品を付けても有効成分が肌に浸透しませんし、ニキビやくすみなどの原因にもなります。

 

ではターンオーバーは早ければ早いほど美肌になれるのかと言うとそうではありません。早すぎると細胞が育ち切らないうちに剥がれ落ちてしまうので、肌のバリア機能が正常に働かない状態になってしまいます。若い健康な人なら約1ヵ月かけて行われるはずのターンオーバーが半月や10日前後で終了してしまうと、セラミドなどの保湿成分が不足するので、乾燥肌や敏感肌を招きニキビの原因となります。

 

ターンオーバーが早くなる原因は、洗顔のしすぎ、肌を摩擦する行為を行っている、ピーリングのしすぎ、など様々です。ニキビに悩んでいると、皮脂が原因だと考え、1日に何度も洗顔してしまいがちですが、これは逆効果です。ニキビの原因はターンオーバーが早すぎることです。洗いすぎでターンオーバーが早まるとバリア機能が低下するので、守ろうとして皮脂が過剰に分泌されます。結果、オイリー肌を招き、常に顔がテカテカして毛穴が開き、ニキビができやすくなるという悪循環に陥るのです。

 

ニキビができやすいことに悩んでいるなら、洗顔を見直し、肌への刺激を控え、ターンオーバーを正常化させましょう。正常化することで、セラミドなどの保湿成分が肌をガードし、みずみずしくしっとりとした肌を取り戻すことができます。ターンオーバーを正常化させることで自然とニキビも良くなって行くと思います。

 

 

まとめ

大人になってからできるニキビと思春期の時にできるニキビの違いお分かりになりましたか?

ぐyhくyhk

 

ニキビを治すには原因別に対処する方法が最も効果的だと思います。次回はニキビができる原因別に効果的な対処法を紹介したいと思います。ニキビが早く治る方法を知りたい方は楽しみに待っていてください。

 

 

以上、(大人ニキビができる原因のまとめ!思春期の時にできるニキビとの違い)でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ