シミやそばかすでお悩みの女性のために、お肌をきれいにできる、シミやそばかすを消す方法をまとめてみました。昔は紫外線も弱くてあまりシミやそばかす等で悩んでいる女性も少なかったそうですが、近年になり紫外線が強くなって来て、シミやそばかすの症状も昔より気になるみたいです。

いyyghkyキャプチャ

 

シミやそばかすが多いと見た目年齢も10歳以上老けて見えると言われています。男性から見てもきれいな肌の女性の方が絶対に素敵に見えると思いますよ。それではシミやそばかすを消す方法のまとめスタートしていきますね。

 

 

シミやそばかすを消す方法にの前にシミやそばかすができる原因を知りましょう。

 

 

シミそばかすができる原因

 

 

シミそばかすができる原因は、そのシミのタイプなどで異なります。まずシミですが、最も多いタイプは老人性色素斑という名前がついています。これは紫外線を浴びることで、肌にあるメラノサイトが肌を紫外線のダメージから守るために、メラニン色素を生成することで起こります。

 

 

ニキビや、肌に出来た傷跡が原因となって、色素沈着を起こしてしまうタイプのシミもよく出来やすいですよね。こちらは炎症性色素沈着と言います。そばかすは遺伝によって起こることが多いと言われています。

 

 

自分の顔や体に出ているシミやそばかすがどうして出来てしまったかを正しくつかむことで、適切な対策をしやすくなりますから、既にできてしまったものはもちろん、これからできるかもしれないシミ予備軍を作らないようにすることも難しくはありません。

 

 

シミそばかすの治療法は、その種類ごとに様々なものが用意されていますから、もしシミなどができてしまっても落ち込むことはありませんよ。病院の処方薬や、薬局などで売っている市販薬を使えば徐々に薄くなっていきます。一般的なシミに効くのが、ビタミンCとハイドロキノン、そばかすにいいのがL-システインとビタミンCです。

 

 

主な原因となるメラニン色素の生成を抑制したり、活性酸素を除去する成分は食品からも摂取することができますから、大豆やハチミツなどからL-システインを、果物からビタミンCという具合に食生活に気を付けることで、シミそばかすの原因から肌を守ることは可能です。シミやそばかすには食べ物や食事も関係しているんです。

 

 

シミそばかすにを消すのに効く食べ物とは

fjgf

 

シミそばかすを消すのに効く食べ物はたくさんあります。とはいっても、スーパーフードのような特別な食べ物ではなく、いずれもスーパーなどで購入することができる身近な野菜や果物などばかりです。

 

 

シミやそばかすを消すのに効く栄養素はたんぱく質や、美肌ビタミンと言われているビタミンCやE、ベータカロチンにアミノ酸などです。これらの栄養素を多く含んでいる、栄養価の高い食べ物を取り入れたレシピで料理をすれば、それだけでスキンケアになります。

 

 

ビタミンCの抗酸化作用は、シミやそばかすができにくくするためにとても重要な栄養素です。フルーツ類ならほとんどのものにビタミンCが存在していますが、どうせならより多くのビタミンCを摂れるものを紫外線の多い季節には食べておきたいですね。有名なのはキウイやレモン、グレープフルーツです。

 

 

ビタミンEは皮膚細胞の酸化を防ぐので、ビタミンCとセットで取りたい栄養素です。ビタミンEが多い食べ物は、アーモンドなどのナッツ類、うなぎにアボカドなどです。良質のたんぱく質も肌のターンオーバーを正常化させるためには必須です。

 

 

ターンオーバーの周期が守られることで、古い角質とともにメラニンが剥がれ落ちるので、シミが定着しません。良質なたんぱく質といえば、卵や鶏肉、レバーなどです。他にシミそばかすに効く食べ物としては、すでに出来ているシミそばかすにも効き目のあるL-システインや、抗酸化作用が高いリコピンを含んだトマトなどがありますよ。

 

 

シミそばかすを消すのに効くサプリメントもありますので紹介しておきます。

 

 

シミそばかすに効くサプリにはどんな成分が含まれているのか

 

 

美容系のサプリメントには、ビタミンCやポリフェノールなどのようにシミそばかすに効く成分がぎゅっと凝縮して詰め込まれていますよね。いずれも身体の中に入れるものですから、天然成分由来の安全性の高いものばかりですし、効果の高さも折り紙付きの成分ばかりです。

 

 

紫外線を浴びた皮膚の中では、チロシンという物質がチロシナーゼという酵素によってメラニンになります。ビタミンCは、このチロシナーゼの働きを抑えることができますし、活性酸素を除去する効果も高いですね。

 

 

活性酸素は肌のターンオーバーの周期を乱すので、本来なら垢と一緒に肌から剥がれていくメラニンが残ってしまい、シミとして定着します。抗酸化作用がある成分として配合されることが多いのは、ビタミンEです。

 

 

最近では、サーモンの赤身に多いアスタキサンチンを含んだサプリも増えてきました。アスタキサンチンはビタミンEの500倍以上の抗酸化作用を持っている注目の成分です。

 

 

シミそばかすの中でも、そばかすはまたメカニズムが異なっています。そばかすにもビタミンCが効果的ですが、メラニンの抑制と、肌の再生を助けてくれるL-システインもそばかすに効くことがわかっています。L-システインが入っているサプリも多いですね。

 

 

シミそばかすに効くことがわかっている成分の中には、食事から摂取するのが難しいものも少なくありません。そのような成分を、肌に必要な分摂取するのをサポートするための存在が美容サプリです。上手に活用していきたいですよね。

 

 

シミやそばかすが気になる人は化粧品選びも慎重に!

 

 

シミやそばかすが気になるに人が化粧品を購入する際に注意したほうがいいこと

jtjtf

 

シミそばかすの予防をしたい人や、少し気になり始めた人が美白効果のある化粧品を選ぶ時には、その化粧品の成分はもちろん、自分の肌質も考えて選ぶの事がコツです。肌質にあったものを使う方が、肌へのダメージもその分少なくなりますから、安心してシミそばかす対策を進めることができますよね。

 

 

美白化粧品のうち、シミそばかすに有効なのは、メラニン生成抑制効果とメラニン還元効果があるものです。前者の方はメラニン色素自体が作られにくくすることで、シミができないようにします。チロシナーゼというメラニンを生成する酵素を阻害するタイプと、メラニンができないように情報伝達物質の働きをブロックするタイプに分かれます。

 

 

メラニン還元効果のある化粧品は、遺伝的な要素があるそばかすにも有効です。すでに肌に定着してしまったものを薄くする力があります。美白成分に注目して選ぶなら、メラニン生成抑制と還元の両方の効果があるビタミンC誘導体があるものを選ぶといいですね。

 

 

他にもトラネキサム酸は市販薬にもよく入っていますし、プラセンタエキスもメラニンの抑制以外にも色々な効果があります。美白化粧水を選ぶ場合に注目しておきたいのが、その化粧水にピーリング効果があるかどうかです。

 

 

敏感肌で化粧品の刺激に弱い肌質ではないなら、フルーツ酸やAHAが配合されているかどうかを確かめてから購入するといいですよ。その化粧水を使っているだけで、自然に古い角質が剥がれ落ちていき、シミが定着しにくくなるのです。

 

 

化粧水選びも重要です。

 

 

シミやそばかすが気になる人が化粧水を選ぶときの注意点

 

数ある化粧水の中からシミそばかすに効果が期待できるものを選ぶ時には美白成分が配合されているものを選択すればいいと思っていませんか?しかし、シミそばかすが気になる人が美白成分が配合されている化粧水を選んでも効果が期待できないケースがあります。

 

 

それは美白成分の多くはこれからできるシミそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制することは出来たとしても、すでに出来てしまっているメラニン色素を薄くすることはできないという点です。

 

 

すでに出来ているシミそばかすを除去するためには、その作用がある化粧水を選ばなければ、メラニン色素の生成を防ぐことができても肌を白くする効果は肌の新陳代謝によってメラニン色素が排出されるのを待つしかなくなってしまいます。

 

 

シミそばかすをなるべく早く消したいという場合には、還元作用がある成分の配合されている化粧水を選ぶようにしましょう。還元作用とは、すでに出来ているメラニン色素の色を薄くしていく作用なので、年齢によって肌の新陳代謝がゆっくりになっていたとしてもメラニン色素を薄くして美白作用を実感することができるのです。

 

 

還元作用がある成分として一般的に化粧品に使われているのはビタミンC誘導体です。購入の際には成分のチェックも忘れないようにしましょう。また、ビタミンC誘導体は皮脂の分泌量を抑制する働きがあるので、乳液やクリームで保湿するのを忘れないようにすることも重要になります。

 

 

シミやそばかすを消す方法に効果的なレーザー治療法について!

 

 

シミやそばかすに効くレーザー治療の効果

jtgjt

 

シミそばかすをすぐに消したい場合に、最も有効な方法がレーザー治療です。医療用レーザーなどとも呼ばれています。レーザーには様々な種類がありますから、そのシミに最も効くものが選ばれて治療が行われます。

 

 

肌の深い部分にまで到達しているシミはサプリメントや市販薬でもなかなか消しにくいですが、レーザー治療ならよく効くのが特徴です。ルビーレーザーという種類のレーザーは、シミそばかすの治療によく使用されることが多いので、ポピュラーなレーザー治療です。

 

 

肝斑以外の大抵の種類のシミそばかすには効くとされています。シミの中でも多い紫外線が原因の老人性色素斑に非常に効果的なので利用者が多いことでも知られています。

 

 

ルビーレーザーのメリットは、基本的に一回の効果でシミそばかすを消すことができるという点と、レーザー治療をした後のシミなどが消えるまでの期間が短いという点です。光治療だと火傷しやすい人にも向いています。アフターケアとして、レーザーを照射した部分の皮膚は紫外線を浴びないようにUVケアをすることが重要です。

 

 

一回で済むうえに、料金もシミの大きさで異なりますが、1000円から10000円以内で済むことが多いので、値段が高くないのも嬉しいところですね。

 

 

肝斑治療用のレーザーには、レーザートーニングという方法があります。シミが消えることに加えて、肌に透明感が出るなどの効果もあります。こちらは数回のレーザー治療を受けることになります。

 

 

皮膚科で治療するときいくら掛かるのか?

 

 

皮膚科でシミやそばかすを治療するときの一般的な値段とは

 

 

シミそばかすの治療法はいくつかあり、医師は肌質やシミそばかすを診て、最適な施術を行います。一般的な皮膚科では、多くの場合、外用薬や内服薬での治療が選択されます。外用薬では、ハイドロキノンとトレチノインを組み合わせた治療が効果的です。軟膏の量にもよりますが、値段は10,000円くらいです。

 

 

シミそばかす治療の内服薬では、トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEなどが主に処方されます。これらは組み合わせて飲むことで効果が増すので、セットで処方されるケースがほとんどです。

 

 

肝斑には、トラネキサム酸とビタミンCが処方され、1ヶ月で3,000円くらいです。シミそばかすには、トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEをセットにして、1ヶ月4,000円くらいです。

 

 

一般的な皮膚科では提供していない幅広い治療を希望するなら、美容皮膚科を選択することもできます。美容皮膚科でのシミ治療で人気があるのがレーザー治療です。レーザー治療では、値段は照射する範囲によって計算されます。

 

 

直径1㎝の範囲に照射する場合、10,000円くらいかかります。そばかす治療には、フォトフェイシャルと呼ばれる光治療が効果的です。値段は1回につき3万円くらいで、多くの場合1回で治療効果は実感できないため、定期的に受ける必要があります。

 

 

肝斑には、内服薬に加えて、レーザートーニングというレーザー治療を受けると効果があらわれやすくなります。値段は1回につき20,000円くらいかかります。穏やかに作用するため、治療期間が長くなることもあります。

 

 

シミそばかす治療の値段は、医療機関によって様々です。一般的な皮膚科では保険が適用されることが多いので、コストを抑えたい人におすすめです。美容クリニックでの治療は自由診療になるので、費用がかかりますが、幅広い選択肢があるのが魅力です。自分のお財布と相談しながら、最適な治療法を選ぶようにしましょう。

 

 

美容師おすすめのメイク方法

bnjfgnj
 

しみやそばかすを消すメイク方法とは

 

 

気が付くといつのまにか増えているシミそばかす。顔にシミやそばかすがあるとテンションが下がったり日々の暮らしにも影響してきますよね?一口に「シミそばかす」と言っても、色味や形はバラバラで、濃いものに合わせると全体のメイクが厚くなったり、色素が薄いものに合わせるとキチンとカバーできなかったりします。

 

 

それでは、シミそばかすを消すためのメイク方法について解説します。

 

 

目の下や鼻の下、額などにできるシミは「肝斑」と呼ばれます。肝斑は色の薄いものから濃いもの、範囲が小さいものから大きいものまで様々であり、左右対称にできるのが特徴のシミです。

 

 

そばかすは「雀卵斑」とも呼ばれ、肝斑と同じく広範囲に現れることが多いシミです。多くの場合は子供の頃に発症し、色白の人の場合、色素が濃く見えてしまうことがよくあります。

 

 

肝斑やそばかすなどの比較的広範囲にできる比較的色の薄いシミを消すメイク方法は、まず、リキッドファンデーションを顔全体に塗ります。カバー力の高いリキッドファンデーションを使うことによって薄いシミなら消すことができます。シミが気になる部分は厚くし、気にならない部分はスポンジで伸ばしてあげるとナチュラルに仕上がります。

 

 

リキッドファンデーションを使ってもまだシミが気になる場合は、再度ファンデーションを気になる部分に大きめにのせます。この時、ファンデーションを部分的につけてしまうと一部だけ厚くなってしまうので、全体のバランスをとるようにしましょう。

 

 

次に、上から指やスポンジでトントンと数回なじませます。この時にはシミやそばかすの大部分はカバーできていると思いますが、まだ気になる場合はその部分にのみファンデーションを少しずつ塗ります。一度にたくさん塗ってしまうと全体的に不自然なメイクになってしまうので、丁寧に行うことが重要です。

 

 

最後にフェイスパウダーで仕上げれば、シミやそばかすが目立たない自然なメイクになります。シミやそばかすを消すメイク方法では、一度にたくさんのファンデーションを使わずに、少しずつ丁寧にのせていくことが自然なメイクに仕上げるコツです。

 

 

まとめ

私も今回ブログを書く際に調べてみてびっくりしましたが、シミやそばかすを消す方法はたくさんあるんですね。

 

 

逆に言えば今回ご紹介した項目をほったらかしにしている方は、シミやそばかすもできやすいということです。きれいな肌を維持する事は若さを維持することにつながります。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

以上、(シミそばかすを消す方法のまとめ!)でした。

※関連記事

肌荒れに効くサプリメントはニキビにも効く
鼻の下や顔にできる吹き出物の治し方!正しい洗顔も重要です。
顔のアトピー性皮膚炎におすすめの石鹸!正しい洗顔方法で肌荒れを治す。
大人ニキビができる原因のまとめ!思春期の時にできるニキビとの違い
ニキビの種類別原因のまとめ!色にも注意
乾燥肌対策に効く食べ物
2017年美肌医薬品・サプリメント人気ランキング!シミそばかすを消す方法にオススメ