ニキビや吹き出物に悩むのは若い人ばかりではありません。

女性も男性も、年代を問わずニキビや吹き出物で悩んでいる人は多いのです。

そして正しい解決法を知らない人も数多くいます。

繰り返してできることも多い吹き出物、場所によっても原因や対策は違っているのです。


スポンサーリンク

吹き出物とニキビの違いとは

そもそも自分に出来ているものは、ニキビなのでしょうか吹き出物なのでしょうか。

思春期に出来るのがニキビ、大人になってからできるのが吹き出物、そんな使い分けをしている人も多いようですが、それは正しいのでしょうか。

根本的なことをいうと、ニキビも吹き出物も一緒です。


医学用語ではざそうといって同じ扱いとなります。どちらも毛穴の詰まりが原因で皮脂が排出されにくくなることによって症状が引き起こされます。

進行具合によっても見た目が異なり、最も軽い状態では白ニキビ、重症化すると赤や黄・紫ニキビと呼ばれるようになります。

最も軽い白ニキビは、毛穴の中に皮脂が溜まってきた状態をあらわします。

白くぷつっとした吹き出物が出来て、コメドと呼ばれることもあります。


よくやってしまいがちなのが爪でつぶしてしまうこと。しかしこれは間違いです。

白ニキビの状態はまだ毛穴の中に皮脂が溜まっているだけの状態で、炎症が起きているわけではありません。

自分でつぶして雑菌が入ってしまうと炎症を起こし赤ニキビなどになってしまう可能性があります。

溜まっている皮脂の表面が酸化してくると黒ニキビになり、ここまでに正しい吹き出物対策をしておくと治りも早くきれいな肌を取り戻すことが可能です。


毛穴の詰まりを取り除くケアをしたり、ピーリングが出来る外用薬などを用いることで治療は可能です。

すぐにこの詰まりを何とかしたいということであれば、皮膚科で専用器具を使って皮脂の詰まりを押し出してもらうことがおすすめです。

吹き出物に雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまうと、赤ニキビ・黄ニキビ・紫ニキビとなっていきます。

赤ニキビの場合は、まずは抗生物質等で炎症を起こしている吹き出物の症状を緩和させていきます。

その上で、今後吹き出物を発生しづらくなるような肌の抜本的対策を行うことが大切です。


黄ニキビや紫ニキビは膿が溜まり治療しても跡が残ってしまうことが多くなります。

このレベルの吹き出物は自分で何とか治療するということが困難なレベルに達していますので、速やかに医療機関を受診することが重要です。

ただニキビと吹き出物は一緒とはいっても、毛穴の詰まりが原因でない可能性もあります。

顔だけに限らず身体のあちこちに吹き出物は出来、痛みを伴うものもありますから、自分で判断せずに医療機関で診察をしてもらうことがおすすめです。


顎の吹き出物ができる原因とケア方法

※関連記事

顎にできた吹き出物に効く市販薬とサプリメントを比較
おでこや顎にできた吹き出物が皮膚科の薬でも治らない原因!


何度も繰り返す顎の吹き出物、特に大人になってからできる人も多いようでその対策に悩んでいる人は多いものです。

いわゆる大人ニキビと言われているために、大人ニキビ専用化粧品でケアを始めてみる人もいるでしょう。ところが間違ったケアを行うと悪化させたりすることもあります。

顎に出来る吹き出物の原因は、ホルモンバランスが崩れることによって出来るものです。

ホルモンのバランスが崩れて男性ホルモンが多く分泌されると出来やすくなります。


これは男性女性を問わず、男性ホルモンの分泌が盛んになると皮脂の分泌量も増えてしまうことが原因で、結果としてあごの吹き出物が増えるのです。

しかしホルモンだけが原因でないのが大人ニキビの厄介なところです。

肌質や外的要因も複雑に絡み合います。もともとの肌が脂性肌でさらに皮脂が出てしまって吹き出物となることもあります。

逆にもともと乾燥肌の場合、水分の蒸発を防ぐために皮脂分泌が盛んになることもあります。

まずは自分の肌質を理解しないと、正しいスキンケアを行うことが出来ないのです。


顎の周辺は毛穴は存在するものの、汗をかくことはあまりなく皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

フェイスラインにばかり吹き出物が出来てしまうといった場合は、肌の水分量が不足していることが原因です。

大人ニキビ化粧品を選ぶよりも、十分な保湿が出来る化粧品を選ぶ方がおすすめです。

保湿が十分にされることで過剰な皮脂が抑えられることとなるからです。


顎以外にもできる場所がおでこや鼻にもある場合には、脂性肌の可能性があります。

ビタミンCなどえ過剰に出ている皮脂を抑制し、コラーゲンやヒアルロン酸などで足りない水分を補うことが出来る大人ニキビ用化粧品が効き目があるでしょう。

顎に出来る大人ニキビのポイントは保湿です。脂性肌であっても乾燥肌であっても、十分な保湿を行うことが吹き出物対策として有効です。

若い頃のように薬によってニキビを乾燥させて治すといった対処は通用しないので注意しましょう。


保湿成分を選ぶときは、合成成分よりもともと人に備わっている保湿成分がおすすめです。

人型セラミドやコラーゲン・ヒアルロン酸といった成分は肌馴染みもよく肌に浸透しやすいのが特徴です。

皮脂を抑える効果と共に炎症も抑えてくれるビタミンCは、肌に浸透しやすいビタミンC誘導体配合のものを選ぶようにしましょう。


鼻の吹き出物ができる原因とケア方法

痛みを伴うことも多い鼻の吹き出物ですが、鼻というのは毛穴が目立つといったことでもわかる通り皮脂腺が非常に多い部位です。

鼻のアタマや横に出来る吹き出物は若い頃に多く見られ、赤くて大きく痛みを伴うニキビとなることも少なくありません。

一方でできる場所が鼻の下といった吹き出物は大人になってから多く見られることが特徴です。

出来てしまった吹き出物は、なるべく触らずに外的刺激を与えないことが一番です。


鼻は顔の中心にあるために吹き出物が目立ち、鏡を見てついつい触ってしまう人もいます。

しかし触れることは刺激を与えるだけでなく、雑菌の繁殖を招いてしまうために避けるようにしましょう。

皮脂量が多いのでたっぷりの柔らかい泡で包み込んで洗うことがおすすめで、泡立てネットなどを利用すると素早く泡を立てることが出来ます。

皮脂腺が多いということは、乾燥すると過剰に皮脂を分泌しやすくなります。


洗顔でしっかり洗って毛穴の詰まりを取り除くことが大切ですが、そのあとはたっぷり保湿することが重要です。

花粉症や風邪をひいているときに鼻をかむことが多いと、それだけで鼻は乾燥してしまいます。

お風呂上がりに十分な保湿をすることはもちろん、鼻をかんだ後もこまめに乳液などで鼻のアタマを保湿してあげるといいでしょう。

刺激も吹き出物を悪化させる原因となりますから、鼻をかむ際は肌さわりの良いティッシュを使用するようにします。

洗顔後のタオルもゴシゴシ水分をふき取ったりせず、やわらかいタオルで押さえるようにしてふき取るようにしましょう。


鼻の吹き出物、実はできる場所が穴の中ということもあります。

自分では見えにくい場所であるために気づかないこともありますが、意外に出来やすい場所なのです。

できる場所が穴の中という場合、その原因は鼻毛を処理する・鼻をほじるといったことが起因となることが多いです。


鼻の中というのは粘膜で覆われているために皮膚がデリケートです。

爪が当たったり頻繁に鼻をかくといった刺激によっても傷つきやすいのです。

鼻の中の吹き出物は、抗生物質が入った軟膏を直接患部に塗るといった対策が一般的です。

顔の表面に出来る吹き出物とは対処が少し異なりますので、皮膚科や耳鼻科で処置を受けた方がいいでしょう。


また鼻の中や周辺には一般的にニキビと呼ばれる吹き出物以外のできものが出来ることもあります。

ヘルペスやポリープである可能性もあります。長引くようなら受診するようにしましょう。


背中の吹き出物ができる原因とケア方法

自分で見ることが難しいために、気づかないうちに出来てしまっているのが背中の吹き出物です。

できる場所が背中というとちょっと意外な気もしますが、実は背中は吹き出物が出来やすい場所なのです。

顔以外のニキビというと、肩甲骨当たりの背中や胸が代表的です。


背中にびっしり汗をかくことが多い人ことからもわかるように、背中や胸は皮脂腺が集中しています。そのためにどうしても吹き出物が出来やすいのです。

ただ顔に出来る吹き出物とは異なり、背中に吹き出物が出来てしまう原因もいろいろあります。

ひとつは寝るときの汗です。寝ているときに人はコップ1杯分の汗をかくとも言われています。

その大半が背中からの汗になります。


人の身体は汗をかくと、蒸発によって肌を乾燥させてしまうことを防ぐために皮脂も一緒に分泌されます。

汗は蒸発していくために残りませんが、皮脂はそのまま皮膚に残ってしまうために雑菌が繁殖するためのエサとなるのです。

寝汗をかくことは健康にも良いので防ぐ必要はありませんが、肌に直接触れるパジャマはいつも清潔に保ち、なるべく吸水性の良い素材のものにしましょう。

たくさん汗をかいたときは肌着も取り換えることがおすすめです。


清潔にしておきたいパジャマですが、洗濯にも気を遣う必要があります。

柔軟剤は衣類をふんわりさせて香りづけも出来る商品ですが、時として水分の吸収の妨げになることもあります。

背中の吹き出物が気になる場合は、タオルやパジャマなどは柔軟剤なしで洗ってみることも検討しましょう。


次に、お風呂での洗う順序です。毎日洗う順番というのは人によって決まっていることでしょう。

もし身体から洗っているということであれば順番を見直した方がいいでしょう。

シャンプーやリンスといった成分は、きちんと洗い流したつもりでも身体に付着して残ってしまうことがあります。

特に髪の毛が長い場合は背中に成分が伝いやすいものです。ですから初めに髪の毛を洗ってから、最後に身体や洗顔をするようにすることが大切です。


また身体を洗うタオルやスポンジは清潔なものを使用しているでしょうか。雑菌が繁殖していると、ゴシゴシこすった際にそこから肌に傷がつき菌が繁殖します。

清潔なタオル・スポンジを使うことと、身体もやさしく洗うことを心がけましょう。

冬場はあまり目立ちませんが、露出の多くなる夏は吹き出物が多くできている背中は人にも見られています。普段の生活からケアしていくことが大切です。


お尻の吹き出物ができる原因とケア方法

※参考

お尻の黒ずみに効く市販の化粧品!おしりニキビを治す美容師おすすめ解消方法


いつもは隠していますが、お尻に触るとブツブツとした吹き出物が出来ているという人はいないでしょうか。

吹き出物が出来る場所がお尻で悩んでいるという人は案外多いのです。

赤ちゃんのお尻はすべすべで触ると気持ちがいいものですが、大人になってからもその状態が続く人は少ないでしょう。

お尻は思っているよりもダメージを受けやすく、そのためにトラブルができる場所でもあるのです。


もともと肌のターンオーバーが崩れやすく、古い角質が残ってしまうことが多く見られます。

そのために角質が厚くなってしまうことも多く毛穴の詰まりが起こりやすいのです。

いつも下着や衣類で覆われているために摩擦による刺激も多く、座っていることが多い人は椅子との圧迫によりさらに刺激を受けやすくなります。

本来であれば吹き出物をできにくくするためには、風の通りを良くして常に清潔な状態にするのがいいのですが、お尻という場所はそうもいきません。

長時間座っている人は空気もこもりやすく蒸れてしまいがちです。

そこで時々立って動いたりして蒸れを解消するといいでしょう。


また、下着はなるべく汗を吸収しやすい素材のものを身に着けることがおすすめです。

下着を選ぶ際にも気を付ける必要があります。サイズがあっていない下着はお尻の血行が悪くなり、肌の新陳代謝が衰える原因となります。

また通気性が悪い素材も肌にはよくありません。綿やシルクといった肌触りや汗の吸収がいいものを選び、お尻をすっぽりと包み込むものがいいでしょう。


なぜすっぽりと包み込むものがいいのかというと、汗の吸収がいいという理由の他にも、衣類と直接肌がこすれ合うことを防ぐことが出来るからです。

顔にはスキンケア用品を使うことで吹き出物対策をすることが可能ですが、お尻にも専用のスキンケアが販売されています。

お尻のスキンケアは乾燥を防ぐボディクリームだけではダメなのです。

最も角質層が分厚い部分であるからこそ肌により浸透しやすい保湿成分と、ターンオーバーを促す成分が配合された専用クリームが必要です。


お尻専用クリームを使用することで、吹き出物の予防や黒ずみの改善、やわらかく魅力的なお尻を手に入れることが出来ます。

普段見せることがないお尻ですが、水着になったりパートナーと過ごすときには美しくしておきたいものです。ターン―オーバーが遅い部分であるので、普段から手入れをしておくといいでしょう。


頭皮の吹き出物ができる原因とケア方法

※参考

頭皮ニキビに効く人気サプリメント3選の比較と選び方

ブラッシングをしていると、頭皮に何か引っかかってしまうことはないでしょうか。

自分で見ることは出来ませんが、他人に確認してもらうと赤くポツンと膨らんでいることがあります。

これが頭皮ニキビです。

あまり触れることがない人は、出来てしまっても放置しておくだけでいつの間にか治っていることもあります。

しかし本当は出来やすくて治りにくいのが頭皮ニキビとも言われているのです。


頭皮ニキビと言っても、できる場所にかかわらず原因は毛穴の詰まりです。

つまり毛穴の詰まりを改善することで頭皮ニキビは出来にくくなります。

そもそも、頭皮であっても顔の皮膚と繋がっていて同じ皮膚です。

つまり顔のスキンケアと同様に手入れをしてあげることで吹き出物を予防することは出来るのです。

頭皮に吹き出物が出来る原因として一番多いのが間違った洗髪です。


一日に溜まった頭皮の汚れを落とそうと、ゴシゴシと力を入れて洗ってはいないでしょうか。

確かにきちんと汚れを落とすことは大切ですが、皮脂というのは肌の水分を閉じ込めておくために必要なものでもあるのです。

必要な皮脂まで洗い流してしまうことは、頭皮の水分を守ろうと皮脂の過剰分泌を招くこととなります。力を入れて洗うことは頭皮を傷つけてしまうこともあります。

頭皮に吹き出物が出来やすい人は、シャンプーなどは洗浄成分があまり強すぎないものを選び、やさしく力を入れずにシャンプーをするようにしましょう。


ノンシリコンシャンプーは、毛穴を詰まらせやすいシリコンが配合されていないので、そういったシャンプーを選ぶこともおすすめです。

顔を洗った後はスキンケアを行うことが基本ですが、頭皮にもスキンケアを行う必要があります。

頭皮が蒸れてしまうことは代謝の悪化につながります。

髪の毛はきちんと乾かすようにしましょう。頭皮は肌のターンオーバーの周期が短い場所です。

しかし間違ったスキンケアですぐに周期が乱れてしまう場所でもあります。

洗髪やシャンプー&リンスは肌に合ったものを使用し、枕などの寝具も常に清潔な状態にしておくことを心がけましょう。


もちろん紫外線の影響も受けやすいので、毎日の紫外線対策も有効です。

どうしても頭皮の吹き出物が治らないという場合は、頭皮ニキビ専用の薬用ローションを使ってみることもおすすめです。

自分で何とかできない場合は、悪化する前に皮膚科で相談するようにしましょう。


吹き出物が出来づらい体質にするために大切なこと

吹き出物の原因が毛穴の詰まりであることは説明してきましたが、いくら出来てしまった吹き出物を薬によって治すことが出来ても、出来てしまう原因を取り除かなくては意味がありません。

できる場所によってその対策は異なりますが、すべての吹き出物に共通してできることもあります。

それが吹き出物が出来づらい体質に変えていくことです。そのためには生活習慣や食生活の見直しが有効です。

食べ物の中には出来ている吹き出物を悪化させてしまうものもありますが、原因となる食べ物も存在します。


海外では、牛乳の定期的な摂取は吹き出物を発生させる要因であると報告されています。

特に加工乳は吹き出物の原因物質が多く含まれるとされているので、牛乳をよく摂取する人は加工乳は避けるようにしましょう。

吹き出物はホルモンとの関係が指摘されていますが、精製された上白糖は吹き出物を出来やすくするホルモンを刺激することが分かっています。

なぜなら上白糖は摂取することで血糖値を急激に上昇させるからです。


これと同様に菓子パンなどの加工パンも血糖値を急激に上昇させると言われています。

砂糖を使用する場合は、きび糖やてんさい糖・黒砂糖など精製されていない砂糖を使うことで血糖値の急激な上昇を抑えることが出来ます。

ストレスと吹き出物の因果関係も見過ごすことは出来ません。

洗顔や保湿対策、寝具などを清潔に保つなどきちんと対策をしているのに吹き出物が出来てしまうこともあります。

これはストレスによるものかもしれません。


ストレスを強く感じるということは、アンドロゲンというホルモンが分泌されて体内のホルモンバランスが崩れることとなります。

アンドロゲンは皮脂の分泌量を増やすために、毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

思春期によるホルモンバランスの乱れ以外にも、最近では日常のストレスからホルモンバランスを崩す人が増えています。


ストレスは吹き出物以外にも、身体のあちこちに様々な症状を引き起こします。

如何にストレスを溜め込まないか、ため込んでしまったストレスを発散させるかが重要なポイントなのです。

適度な運動で改善する場合もありますし、自分に合う趣味を見つけることで気分転換となることもあります。睡眠不足もストレスが溜まりやすい原因となります。

吹き出物が出来づらい体質に変えていくためには、食生活だけでなく生活そのものや意識を変えていくことも大切なのです。


まとめ

吹き出物とニキビは根本的には一緒のもので、毛穴が詰まることによって起こります。

しかしつまりの原因は部位によって異なります。

正しい洗い方や保湿は重要ですが、食事や生活習慣を見直し出来づらい体質へ変えていくことも必要です。

スポンサーリンク

顔の肌荒れの治し方!痒み、赤い症状の原因と対処法
大人ニキビができる原因のまとめ!思春期の時にできるニキビとの違い
ニキビの種類別原因のまとめ!色にも注意