顔にできる吹き出物、気になりますよね。私は特に鼻の下に吹き出物がよくできて、いつも家族や知り合いにいじられています。笑い

fkgfjg

 

いじられているといっても実際に吹き出物を触られているわけではありません。吹き出物は触ってしまうと症状が悪くなるので絶対に触ってはいけませんよ。皆さんは顔にできる吹き出物がなぜできるのか行っていますか?

 

 

私は鼻の下によく吹き出物ができるのですがその原因は?今回のブログの記事では、皆さんが気になる吹き出物について詳しく紹介いたします。後ほど吹き出物の治し方も紹介しますので、ぜひご覧下さい。

 

スポンサーリンク

 

吹き出物ができる原因とは

 

 

毛穴の中に皮脂が溜まるのが、吹き出物の始まりと言われます。よく「肌が脂っぽいから吹き出物ができる」などと言いますが、たとえ皮脂が多くても、毛穴の中に溜まらなければ吹き出物とはなりません。乾燥肌でも、皮脂が毛穴からきちんと排出されなければ、吹き出物ができてしまいます。

 

 

故に、吹き出物の原因は「毛穴の詰まり」であると言えると思います。吹き出物ができるきっかけは、毛穴の出口の角質が厚くなって毛穴を塞いでしまうことです。そのため、皮脂が毛穴につまりアクネ菌が過剰に繁殖し吹き出物となります。

 

 

毛穴を塞ぎやすくしている原因は、実は不用意な洗顔の繰り返しによる肌の乾燥です。クレンジングや洗顔で皮脂を取り過ぎると、肌のバリア機能が低下し、刺激から肌を守るために角質が厚くなります。

 

 

また、保湿が不十分で角質層の水分が不足すると、ターンオーバーが乱れ、古い角質が剥がれずに硬く厚くなっいきます。ストレスや睡眠不足は、皮脂の過剰分泌を引き起こす男性ホルモンの分泌を促すので注意が必要です。

 

 

そして、男性ホルモンは角質を厚くする(過角化)作用もあります。また、バランスの悪い食事は、肌細胞の生成に必要なタンパク質や必須脂肪酸、肌の新陳代謝を助けるビタミンAやビタミンB群が不足がちになります。

 

 

このような状態はターンオーバーが乱れ、過角化につながり、さらに紫外線が肌に当たると、肌のバリア機能が働いて角質が厚くなります。

 

 

この他には化粧品やメイクが、毛穴を詰まらせる直接的な原因ともなります。リキッドファンデーションやコンシーラーなどのメイク用品は、毛穴に入り込んで蓄積する可能性があるので、洗顔をしっかりと心がけて下さい。ニキビに良いとされるクレンジング剤や洗顔料も、洗顔後に顔に残っていては意味がありませんので、洗顔後のすすぎは特にしっかりとしましょう。

 

 

洗顔料の洗い残しが最も多い場所はおでこと鼻の下だそうです。偶然かもしれませんが吹き出物ができやすい場所と同じですよね。洗顔には注意が必要です。

 

ぐyhくyhk

吹き出物の治し方

吹き出物の治し方にはちょっとしたコツがあります。知ってしまえば今日からもできますのでぜひ覚えておきましょう。

 

 

吹き出物は肌を不潔にしてたり、毛穴に皮脂がつまり炎症が起こることでできるので、洗顔料で、洗顔することがまずは必要だと考えられています。

 

 

でも、ただ洗えばいいというわけではありません。洗顔料をよく泡だて、優しくなでるように洗うこと。私は、ゴシゴシ洗ったほうがさっぱりしていましたが、ゴシゴシ洗ってしまうと、肌荒れの原因になり、吹き出物も悪化させてしまうことを知りました。

 

 

そして洗い流すときも、ぬるま湯で30回ぐらい優しく洗い、石鹸成分を残さないことも重要です。だからといって洗顔のしすぎも良くないので、朝、夜の2回ぐらいで洗顔はよいと思います。洗顔後の化粧品や化粧水などは、ニキビ肌用などを使うの事も吹き出物が早く治りやすくなる方法です。

 

 

でも、スキンケアをちゃんとしていても、吹き出物が出来てしまう場合があります。

 

 

そこで、口から入れるものも関係があるのではと思い、吹き出物ができやすい食べ物を調べてみました。よくチョコレートやナッツ類を食べ過ぎると、吹き出物ができやすいと聞きますが、食べ過ぎは、良くないけど、普通に食べても吹き出物ができるとは限らないそうです。吹き出物の治し方には食べ物も関係していますので参考にしてみてください。

 

 

コーヒーなどのカフェインがふくまれるものは、ビタミンBの吸収を低下させるのでよくないと言われています。あとは、スパイシーなものや、辛い物も内蔵に負担がかかるため、あまりお肌にはよくないです。アルコールも糖分が多いので、皮脂を増加させるため吹き出物を治すときにはよくないと言われています。

 

 

どれも食べ過ぎ飲み過ぎはよくないということなので、何事も程々がよいという事ですね。笑い

 

 

では、吹き出物を治すときに、良い食べ物は何でしょう?

 

 

体の冷えもお肌に良くないので、生野菜は体を冷やしてしまうので、温野菜の方がよいです。肉も、脂っこいお肉よりも、鶏肉や魚の方がよいです。お料理で言うとお鍋が、温野菜もとれて、タンパク質もとれて、バランスがとりやすいです。

 

 

でも、脂っこいものは、あまりよくないけれど、お肌の新陳代謝を促進する、ビタミンAの人参やかぼちゃなどの緑黄色野菜などは、油と一緒に取ると、吸収率がアップするので炒め物や、ソテーなどにすると吹き出物やニキビにもいいみたいです。

 

 

食事で補うのが難しい場合は、サプリメントの力を借りるのも良いと思います。それから、最近は、ニキビは病院で治すことも多いらしいので、顔にできた吹き出物も病院や専門のエステサロンへ行ってみるのもいいと思いますよ。専門家のアドバイスや最新の吹き出物の治し方を聞いて早く治った人もたくさんいますので。

 

※参考記事

肌荒れを治すサプリメントと飲み薬!一週間で違いがわかる

肌荒れを早く治すサプリメントランキング!美容師おすすめベスト6

肌荒れに効く市販でおすすめ人気サプリメント!改善効果がわかる口コミの紹介

ニキビ治療には専門ケアサロンがおすすめ!人気エステサロンとは?

 

 

どんなことにも言えますが、バランスのとれた食事は、健康な体をつくり、吹き出物もできにくくなる!!と私は思いました。

 

 

私の鼻の下に吹き出物ができやすい理由は、食事をするときに食べ物の成分が鼻の下付近についていたからだと思います。食べ物の成分がお肌を刺激して吹き出物となっていたみたいです。食事の後は鼻の下付近はきれいにしておかなくてはいけないと思いました。(そんなにガツガツ食べているわけではないんですけどね。笑)

 

gmkghktyキャプチャ

正しい洗顔のやり方

正しい洗顔のやり方も紹介しておきます。

1 まず、手をきれいに洗う
・手についている雑菌を顔に移さないために

2 ぬるま湯で顔を洗う
・まず、ぬるま湯で毛穴を開かせ汚れを落としやすく!
・お湯の温度は体温より少し低めで(32~35度くらい)

3 洗顔料をよく泡立てる
・「水と空気と洗顔料」で弾力ある泡になるように
・空気をしっかり含ませることがポイント

4 皮脂の多いおでこ、鼻から
・こすり過ぎない!卵を割らない程度の力加減で
・鼻はクルクルと指でマッサージするように

5 次に頬・あごを洗う
・肌の上で泡を転がすように

6 最後に、目元と口元を
・目や口は他と比べて皮膚が薄いため、力をいれすぎない

7 ぬるま湯で丁寧に洗い流す
・髪の生え際、こめかみ、あごは泡が残りやすいので念入りに
・ぬるま湯を『付ける』という感じで
・30回ほどすすぐ

8 清潔なタオルで水分を取る
・ごしごしとこすらない、肌に優しく押し当てるように

 

まとめ

鼻の下にできた吹き出物は絶対につぶしてはいけませんよ。傷口から細菌が入ってよりひどい症状になることが多いです。

 

 

今回ご紹介した吹き出物の治し方を参考に、いつまでもきれいな若々しいお肌でいてくださいね。お肌のキレイな女性は5歳若く見えると言われています。男性は女性のキレイな肌が大好きです。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

以上、(鼻の下や顔にできる吹き出物の治し方!正しい洗顔も重要です。)でした。

※関連記事

肌荒れに効くサプリメントはニキビにも効く
シミそばかすを消す方法のまとめ!
顔のアトピー性皮膚炎におすすめの石鹸!正しい洗顔方法で肌荒れを治す。
大人ニキビができる原因のまとめ!思春期の時にできるニキビとの違い
ニキビの種類別原因のまとめ!色にも注意
乾燥肌対策に効く食べ物

スポンサーリンク