ニキビが出来るのは若い証拠、そんなことを言っていられるほど若くないのに吹き出物がなかなか治らないという人は多いでしょう。

実は原因をよく知らずに、皮膚科の薬で治療している可能性もあるのです。

治りづらいおでこや顎の吹き出物、いったいどうすればいいのでしょうか。

※関連記事

顎にできた吹き出物に効く市販薬とサプリメントを比較
肌荒れにオススメ!市販で人気のサプリメントランキング!
鼻の下や顔にできる吹き出物の治し方!正しい洗顔も重要です。


スポンサーリンク

おでこや顎にできた吹き出物ができやすくなる原因

思春期におけるニキビは、おでこや頬にたくさんできるのが特徴です。

思春期は身体が著しく成長する時期であり、そのために男性ホルモンの分泌が盛んになります。

ホルモンの分泌と一緒に増えるのが皮脂の量です。おでこは意外にも皮脂の分泌量が多い部位であり、おでこから鼻筋にかけてのTゾーンと呼ばれる部分は思春期ニキビが出来やすくなります。

毎日の洗髪もおでこに出来る吹き出物の原因となります。


毎日のシャンプーやリンスは、きちんと洗い流しているつもりでもすすぎ残しが意外に出てしまうものです。

特にリンスは全部きれいに洗い流してしまうと効果が薄れてしまうと感じている人も多く、すすぎ残しが見られることもあります。

髪の毛の生え際やこめかみ部分などは特に洗い残しが起こりやすい部分ですから、念入りにすすぐことが大切です。

洗顔は、洗髪が終わった後にする方がいいでしょう。


おでこの吹き出物が治らないと悩んでいる人は、洗髪と洗顔を見直すことがおすすめです。

もうひとつの治らない吹き出物、顎に出来るニキビですがこれも男性ホルモンの影響が大きいと考えられています。

顎は皮脂の分泌が特に多いという部位ではありませんが、顔の他の部分と比較すると皮膚が厚いという特徴があります。

そのためにどうしても皮脂が詰まりやすくなってしまうのです。


また、顎は無意識に手で触ってしまいやすい場所です。

雑菌のついた手で触ることで菌が繁殖し、炎症を引き起こしてしまうこともあります。

手だけでなく衣類が触れることも多いでしょう。

こうした直接的な刺激が、顎の吹き出物を発生させたり悪化させたりする原因ともなっています。


そして顎の吹き出物は最もホルモンバランスの影響を受けやすいとも言われています。

女性は生理周期によってあごに吹き出物が出来てしまうのはそのためです。

食生活の乱れもホルモンの分泌に影響を与えます。

外食が多かったり、極端なダイエットによって栄養分が偏ってしまうと顎に吹き出物が出ることとなります。


顎ニキビは雑菌が付着しやすい部位であるために、一度できてしまうと治りにくく、再発が多いという特徴があります。

普段から清潔に保つこと、そして食事などに気を遣うといったことで予防することは可能です。

ニキビが気になるからと皮膚科の薬をもらってもなかなか治らないという人は、まずは自分の生活を見直してみることが必要です。

※関連記事

吹き出物の原因はできる場所によって違う!徹底解析


皮膚科の薬で吹き出物が治らないときに考えられる原因

なかなか治らない吹き出物をどうにかしたいということで駆け込むのが皮膚科です。

しかし皮膚科の薬をちゃんと塗っているのに全然吹き出物が改善されないといった経験はないでしょうか。

風邪の処方薬はよく効くのに、皮膚科の薬はちっとも効かないという人は、吹き出物の原因と薬の種類を見直してみるのがいいでしょう。


ニキビというのは毛穴の詰まりが原因で出来るのですが、この出来る原因は複雑に絡み合っていることが多いのです。

表面的に炎症を抑えたところで、根本的な原因が解決しなければ次から次へと吹き出物は出来てきます。

皮膚科の先生には患者の生活習慣などがわからず、なぜできるのかの原因がわからないために始めは手探りで処方するしかないのです。

同じ吹き出物の症状でも、担当する医師によって処方する薬は異なります。

どうしても吹き出物が治らない時には、思い切って皮膚科を変えてみることもひとつの手です。


薬剤を変えるだけで、劇的に効果があらわれるということも少なくありません。

そして薬だけに頼らずに、悪化させないために自分自身が気を付けることが大切です。

毛穴の詰まりを取り除くのに最も重要なのは洗顔です。

毎日洗顔はしていると思っていても、その洗顔方法が間違っていたり、洗顔の成分が肌に合っていない場合もあります。


よく言われることは、洗顔は泡で洗うということ。固形せっけんやチューブタイプの洗顔を使用している場合、きめの細かい泡を良く泡立ててから泡で顔を洗うことが大切なのです。

決して顔と手をこすり合わせて泡立ててはいけません。

刺激によってますます吹き出物が悪化してしまいます。

たくさんの泡で毛穴の汚れを吸着させて取り除くことが重要です。


キレイに洗い流した後は、十分な保湿を与えることも大切です。

きちんと汚れや皮脂を洗い流した後は、肌の水分も失われています。

すると肌をこれ以上乾燥させないために皮脂が多く分泌されて肌を守ろうとするのです。

皮脂と汚れを洗い流したことが、余計に皮脂を分泌させることにつながるのです。

皮膚科の薬を使ってもなかなか吹き出物が治らない時は、肌の保湿が十分にされているか見直してみましょう。


そもそも皮膚科の薬というのは出来てしまった吹き出物を治す薬です。

吹き出物が出来る原因を解決する目的ではありません。

ですから、出来てしまった吹き出物を治すために皮膚科の薬を塗り、次にできないようにするためには自分で努力をしていく必要があるのです。


おでこの吹き出物を治すときにやってはいけないこと

おでこに吹き出物が大量発生、そんなときにやってはいけないことはたくさんあります。

鏡を見るたびに憂鬱になるように、吹き出物はなるべくなら隠してしまいたいことでしょう。

おでこを隠すには前髪が手っ取り早い方法ですが、これは吹き出物を悪化させる原因となります。


吹き出物の原因は毛穴の詰まりですが、これを悪化させるのが外部からの刺激が大きく関係しています。

少しでも隠してしまいたいおでこの吹き出物ですが、刺激を与えないためにも前髪はピンでとめておいたほうがいいでしょう。

もし外出するときはどうしても隠さないと嫌だということであれば、せめて家の中だけでも前髪は上げておきましょう。


男性などは、前髪にワックスを付けて上げてしまうことも多いでしょう。

固めてしまえばおでこに前髪がつくこともなくなるため、刺激を与えずに済みます。

しかしこのワックスがおでこに付着してしまうと皮脂と混ざりあい毛穴の詰まりの原因となります。

そのために整髪料を使用する際は肌に付着しないように注意する必要があります。


しっかり汚れを落としたい、寒い冬はなるべく熱いお湯で洗いたいと、熱めのお湯で洗顔をしている人も要注意です。

前にも少し述べましたが、皮脂というのは肌の水分を保つためには必要なものです。

熱いお湯はそうした必要な皮脂まで洗い流してしまうこととなります。

皮脂と肌の水分量のバランスが崩れると、当然吹き出物が出来やすくなるのです。

ですから洗顔をする際は、水かぬるま湯を使って洗うことを心がけましょう。


おでこの吹き出物を治したいのであれば、春から夏にかけての紫外線の強い季節は紫外線対策をしなくてはなりません。

紫外線と吹き出物の関係は意外にも深いと言われています。

紫外線を浴びると肌を守ろうとして角質が厚くなっていきます。

紫外線をたくさん浴びることで角質が異常に厚くなって毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。


白ニキビなどの状態であれば日焼け止めを塗って紫外線を防ぐことがおすすめですが、炎症を起こしてしまっている場合は日傘などで対策を行う方がいいでしょう。

このように、おでこの吹き出物を治そうと思ったら、皮膚科の薬以外にも気をつけなければいけないことがたくさんあります。

吹き出物はすぐにはキレイに治らないので、出来てしまう原因を見つめ直して根気よく治療していくことが大切なのです。


おでこの吹き出物ケアの方法

おでこの吹き出物をケアしていくには、身体の内側から改善していくことも効果的です。

おでこは皮脂の分泌が多い部位です。

ですから吹き出物の原因となる皮脂を抑える食事に変えていくことで、根本的に出来にくい体質にしていくことが出来ます。


毛穴の詰まりを改善し、肌の生まれ変わりを正常にするにはビタミンAが効果的です。

にんじんやほうれん草といった緑黄色野菜に多く含まれる栄養素です。

ビタミンAには皮膚の潤いを保つ作用もあるので積極的に摂取していくといいでしょう。

角質が厚くなるのを防ぎ、皮脂の過剰分泌を抑制するのはビタミンB2です。

卵や乳製品に多く含まれており、肌を正常な状態に保つ働きがあります。


他にも、肌の酸化を防ぐビタミンCやホルモンバランスを整えるミネラル、肌を生成するのに欠かせないアミノ酸など、いろいろな栄養素をバランスよく摂取することがおでこの吹き出物ケアにつながっていきます。

また好きだからと言って、特定の食べ物を食べ過ぎてしまうことも避けた方がいいでしょう。

糖分が多く含まれるチョコレートやケーキは、皮脂を増加させる可能性があります。

また揚げ物やファストフードなど油分の多い食べ物は皮脂の分泌を促進させます。

一切食べてはいけないという訳ではありませんが、なるべく摂らないように心がけましょう。


1日に何杯もコーヒーを飲む習慣があるという人も注意が必要です。

実はコーヒーは毎日飲むことで動脈硬化や糖尿病の発生を抑えるという研究結果も出ています。

しかし飲み過ぎはビタミンB群の吸収を低下させたり、ビタミンCを破壊することにつながります。

1日5杯程度であれば問題ないとは言われていますので、それ以上飲んでしまうという人は気を付けるようにしましょう。


そして男性ホルモンの異常分泌を促す原因として外せないのが、ストレスや睡眠不足です。

ストレスを感じると男性ホルモンの分泌は増えると言われています。

男性ホルモンが過剰に分泌されると皮脂も多く分泌されてしまいます。

これは男性だけでなく女性にも言えることです。

なるべくストレスを溜め込まないようにすることが大切なのです。


また人は睡眠時に成長ホルモンが分泌されます。

これには肌が生まれ変わる効果も含まれています。

肌の正常なターンオーバーを崩さないためにも睡眠はしっかりとることが大切です。

なるべく決まって時間に眠ることが出来るよう気を付けましょう。


顎の吹き出物を治すときにやってはいけないこと

顎の吹き出物はホルモンの影響を大きく受けていると言われています。

ホルモンバランスが崩れる原因としては、女性であれば生理が一番大きく影響しているでしょう。

排卵が起きてから整理が始まるまでの間というのはプロゲステロンという黄体ホルモンが盛んに分泌されます。

この黄体ホルモンは皮脂の分泌を活発にする働きがあるために、この時期は顎にニキビが出来やすくなります。


毎日化粧していると、ぽつんと少し出来た吹き出物であっても気になるため、ついつい指で触ってしまいがちです。

しかし吹き出物は刺激によって段々と大きくなっていきます。

生理によるホルモンバランスの乱れが原因で出来てしまう吹き出物は、生理が始まると段々と落ちついてくることがほとんどです。

出来ている期間に触って悪化させてしまうと、治りにくくしてしまうことになるため、なるべく触らないようにし、清潔に保つことを心がけましょう。


顎の吹き出物は知らず知らずのうちに触っていることが多いものです。

学生であれば授業中に無意識に触っていることも少なくありません。

出来てしまったあごの吹き出物を悪化させないためにも、意識して触らないようにすることが大切です。

男性などは特に、顎にニキビが出来て目立つようになると、余分な皮脂を落とそうと1日に何度も洗顔をする人がいます。

肌を清潔に保ちたいという気持ちはわかりますが、この行動があごの吹き出物を余計に悪化させている原因かもしれません。

洗顔は肌に必要な皮脂も洗い流してしまいます。もちろん肌の汚れや余分な皮脂を洗い流すことは大切ですが、洗顔の回数は朝晩の2回程度にしておくことがいいでしょう。


働き始めて外食が多くなると、ついつい脂っこいものを食べ過ぎてしまうことも多いでしょう。

男性はたくさん食べてお腹がいっぱいになるからと、肉料理を好んで食べる傾向があります。

しかし野菜が不足してしまうと栄養バランスが乱れ、ホルモンのバランスも崩れていきます。

肉料理を食べる際には野菜もたっぷりと摂るように心がけなければいけません


逆に女性の場合は、体形を気にし過ぎて極端なダイエットに走りがちです。

肉や脂を一切排除して野菜中心の食生活を送ることも栄養バランスを崩して肌の乾燥につながります。

肌の保湿力が衰えると水分を保とうと皮脂が分泌されます。

吹き出物が出来やすい肌となってしまうのです。

極端なダイエットは避け、栄養バランスのとれた食生活を気を付けた方が美肌やダイエットにもつながります。


顎の吹き出物ケアの方法

顎の吹き出物は治りにくく繰り返し出来やすいという特徴があります。

そのために対処法は日々の暮らしから見直していく必要があります。

まずは睡眠から改善していきましょう。


顎の吹き出物の原因であるホルモンバランスの乱れは、生活習慣が大きく関係しています。

なかでも睡眠というのは最も重要なポイントです。

睡眠が十分にとれていないことはホルモンバランスを崩す大きな要因となります。

遅くまでTVやスマートホンをいじっているといった習慣を見直し、十分な睡眠時間を確保するよう心がけましょう。


また眠っている間の成長ホルモンはとても重要です。

以前は22時から深夜2時が成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムと言われていました。

しかし近年では眠り始めてから3時間の最も深い眠りに入る時間に多く分泌されることが分かってきました。

そこで眠り始めの3時間の睡眠の質を高めることが、成長ホルモンに良い影響を与えると言われているのです。


眠る直前までスマートホンなどの画面を見ていると、脳が興奮して睡眠に入れなくなります。

眠る前には部屋の照明を落として、身体をリラックスした状態にしていくことがいいとされています。

また眠る直前にお風呂に入る習慣も、体温が上がりすぎるために良くないと言われています。

入浴後すぐに眠るのではなく、だんだんと体温が落ち着いて自然に眠りにつける時間に入浴は済ませておきましょう。


顎の吹き出物は毎日のスキンケアも欠かせません。

まずは自分の肌質を知ることが重要でしょう。

保湿は必ず行う必要がありますが、乾燥肌か脂性肌かによっても選ぶスキンケア用品は異なります。

乾燥肌や敏感肌であれば、セラミドなどの保湿効果がたっぷりはいった化粧品がおすすめです。


脂性肌の場合は、保湿となる化粧水に合わせてゲルタイプや乳液といった比較的油分が控え目なアイテムを使用するのがいいでしょう。

脂性肌だからといって化粧水だけで終わってしまうと、余分な皮脂を分泌することにつながるので軽めの乳液はつけるようにします。

ストレスが顎の吹き出物にあらわれる人も少なくありません。

ストレスを解消するためには、十分な休養と有酸素運動が効果的です。


上手く発散できない人は、メンタルトレーニングを受けて自分を守ることもおすすめです。

ストレス発散は人によって様々なので、自分に合った方法を見つけていくことが大切です。


顔の皮脂を抑える食生活と生活習慣のまめ知識

吹き出物と食べ物の関係はとても深いというのは多くの人が気付いていることでしょう。

日本人の身体のつくりというのは、本来和食中心の食事を消化するのに適しています。

しかし食生活が欧米化し、食事の内容も大きく変わってきました。

しかし身体のつくりは大きく変わっていないために、肌トラブルとなってあらわれてしまうのです。


添加物の多いジャンクフードや身体に負担の多い欧米食などは、消化しきれなかった分が毒素として体内に溜まっていきます。

毒素は本来であれば便として毎日体外に排出されていきます。

しかし腸内環境が整っていないことで便秘がちとなると、便がいつまでも体内に残されて毒素は血液中に取り込まれてしまうのです。

血液に取り込まれた毒素は身体を巡り、当然顔にもたどり着きます。

これが吹き出物を作り出してしまうのです。


肌のターンオーバーは正常であれば28日前後が周期と言われています。

この周期に重要なのがビタミンAです。

水溶性ビタミンは水に溶けやすい性質があるので、茹でるのではなく炒めたりして摂ることがおすすめです。

脂溶性ビタミンは体内に蓄積されるので、毎日ではなく数日に1回十分な量を摂取するといった方法でも大丈夫です。


過剰な皮脂分泌を抑えるにはビタミンB群が効果的です。

B群といってもさまざまな種類がありますが、中でも吹き出物に関係が深いのはB2・B6・B5と言われています。

B2はレバーや魚肉ソーセージなどに多く含まれます。B6はマグロやゴマといった食材に含まれます。B5はレバーなどの他に卵黄にも多く含まれています。

ビタミンB群は水溶性ビタミンであるために、摂り過ぎた分は尿と一緒に排出されるため過剰摂取にはなりません。

しかし逆に毎日摂取することが大切ですから、これらの食材を継続して摂取していくといいでしょう。


出来れば全体的な食生活を和食中心に変えていくことが吹き出物を減らすことにつながります。

もともと日本食は野菜が中心で、たんぱく質は魚から摂ることが当たり前でした。

そしてみそ汁や納豆など発酵食品も多く取り入れてきた日本食は、食物繊維が豊富で体内の毒素を排出しやすい食事なのです。

海外の肉を中心とした食生活は、日本人の身体のつくりには負担が大きいと言われています。

すべてを和食中心にしてしまうのは難しいとしても、週の半分程度は和食に変えてみることから始めてみましょう。


まとめ

なかなか治らないおでこや顎に出来た吹き出物。

皮膚科の薬を塗り続けてもキレイにならない場合は、自分の生活習慣を見直してみることが大切です。

皮膚科の薬は出来てしまった吹き出物を治療するもので、原因を改善しなければ次から次にまた出来てしまいます。

洗顔の仕方や保湿、食事や睡眠を見直して根本から解決していきましょう。

スポンサーリンク

※関連記事

顔の肌荒れの治し方!痒み、赤い症状の原因と対処法
大人ニキビができる原因のまとめ!思春期の時にできるニキビとの違い
ニキビの種類別原因のまとめ!色にも注意
顎ニキビに効く市販のサプリメント比較ランキング4選&選び方